教育体制

教育体制看護部方針

看護部の理念である「ぬくもりのあるゆきとどいた看護の提供」をめざし、熟練した技術と豊かな心を持ち、社会のニーズに応えることが出来る看護師を育成する。

教育体制理念・目標

看護部理念

「ぬくもりのあるゆきとどいた看護の提供」

2020年度 教育目標

  1. クリニカルラダーに合わせ、個々のキャリア発達を支援する
  2. 消化器看護の早期発見から緩和ケアまで主体的に学習し、看護実践につなげる
  3. 医療チームの一員として自己の役割を理解し、他職種協働の実践力を身につける

教育体制2020年度 教育スケジュール

教育体制

当院では多彩な院内研修を企画しています。
院内研修の他、院外研修への参加や資格取得支援制度もあり看護実践能力を高めていくことができます。

看護師クリニカルラダー

JNAラダーを基本に当院の特色(消化器に特化)に合わせた独自のラダーを作成し活用しています。

 

全職員対象研修スケジュール

受講者が選択して参加します。

  • 7~9月
    ラダー対象
    ラダーⅡ研修
    ラダーⅢ研修
    ラダーⅣ研修
    ラダーⅤ管理者研修
    ステップアップ
    化学療法
    院内留学(内視鏡/手術室)
    内視鏡
    在宅支援
  • 10~12月
    ラダー対象
    ラダーⅡ研修
    ラダーⅢ研修
    ラダーⅤ研修(JNAラダー)
    ステップアップ
    周術期看護
    ストマケア
    緩和ケア

新採用研修・勤務スケジュール

  • 4
    研修
    新採用者研修 
    病院の概要・医療安全
    看護技術:採血・注射・酸素・吸引など
    その他:看護倫理・電子カルテ操作方法など

    勤務体制
    平日日勤シャドーイング
     
  • 5・6
    研修
    基礎看護:薬剤・検体・医療機器取り扱い、褥瘡ケア、周術期看護、認知症・せん妄看護、内視鏡看護、化学療法看護、緩和ケア
    看護技術:インスリン・輸血
    その他:医療機器操作・心電図モニターなど
    勤務体制:プリセプターフォローのもと
    平日日勤 状況に合わせて患者さんを受け持つ
    プリセプターと入院準備をする
     
  • 7・8
    研修
    その他:院内留学(内視鏡/外来/手術室)、プリセプティ研修(コミュニケーション)
    勤務体制:プリセプターフォローのもと
    平日日勤
    夜勤・遅番のシャドーイング
    プリセプターと緊急入院の受け入れをする
  • 9・10
    研修
    看護技術:腹水・胸水穿刺、ストマ体験
    その他:プリセプティ研修、シュミレーション研修(BLS)
    勤務体制:プリセプターフォローのもと
    土日・祝日の日勤開始
    夜勤・遅番フリー係で開始
    ほぼ1人で入院の受け入れをする
    日勤で1人で患者さんを受け持つ
  • 11・12・1
    勤務体制:プリセプターフォローのもと
    夜勤 フリー係 習得状況に応じて患者さんを受け持つ
    遅番 習得状況に応じてひとりだち
     
  • 2・3
    研修
    基礎看護:看取りのケア
    その他:プリセプティ研修(まとめ)
    勤務体制
    習得状況に応じて順次ひとりだち

看護補助者研修

基本技術を学ぶことができるよう研修を実施しています。

  • 看護部方針
  • 感染対策
  • 医療安全
  • 安全な移動
  • 補助者業務内容
  • 入浴介助
  • 手洗い
  • 倫理
  • 個人情報

教育体制2019年度 教育実績

新人看護職員 教育目標

1.基本的な看護手順に従い、必要に応じ助言を得て看護が実践できる
2.社会性を身につけ職場への適応ができる                         3.自己の健康管理ができる

看護部 教育目標

1.クリニカルラダーに合わせ、個々のキャリア発達を支援する
2.消化器看護の早期発見から緩和ケアまで主体的に学習し看護実践につなげる         3.医療チームの一員として自己の役割を理解し、多職種共働の実践力を身につける

4月

研修名
新採用研修
内容
  • 病院の概要
  • 病院理念
  • 職業倫理
  • 医療廃棄物
  • 感染対策
  • 職業規則
  • 医療安全
  •  
  • 朗和会
  •  
  • SPD
講師
病院長・事務部長代理・感染管理者・医療安全管理者
研修名
新採用研修
内容
  • 看護部方針
  • 看護部目標
  • 看護体制
  • 組織図
講師
看護部長・主任看護師
研修名
新採用研修
内容
  • 看護職員の教育計画 
  • 服装規定 
  • 電子カルテ操作研修
  • 看護必要度
  • がん性疼痛アセスメント
  • 入院時のリスクアセスメント
  • 病棟オリエンテーション
講師
緩和認定看護師・皮膚排泄ケア認定看護師・看護師長・主任看護師
研修名
新採用研修
内容
  • 接遇の意味と必要性
  • 接遇の基本的
講師
外部講師

6月

研修名
ラダー研修A 1回目
内容
  • 内視鏡看護:ERCP
  • 周術期看護:ドレーン管理
講師
看護部教育委員会

7月

研修名
ラダー研修B 1回目
内容
  • 化学療法看護:化学療法
  • 緩和ケア:鎮静
講師
看護部教育委員会

8月

研修名
ラダー研修A 2回目
内容
  • 内視鏡看護:ERCP
  • 周術期看護:ドレーン管理
講師
看護部教育委員会
研修名
看護補助者研修 
内容
  • KYT(危険予知トレーニング)
講師
医療安全管理者
研修名
管理者研修
内容
  • 管理者としてのビジョン(組織)
  • 看護管理者としてのビジョン(めざす看護・夢・希望)
  • 病棟管理における師長・主任の役割
  • ビジョンの周知と浸透のために
講師
看護部長

10月

研修名
新採用研修
内容
  • 看護技術:採血・血糖測定・留置針・注射6R・インスリン・輸血・ヒューバー針挿入・酸素  吸引・膀胱留置カテーテル・胃管挿入・グリセリン浣腸・高圧浣腸
  • 医療機器操作:輸液ポンプ・シリンジポンプ・十二誘導心電図    
  •     
  • 検体の取り扱い
  • 薬剤について
講師
薬剤部長・検査技師長・臨床工学技士・看護師長
研修名
ラダー研修A 3回目
内容
  • 内視鏡看護:ERCP
  •     
  • 周術期看護:ドレーン管理
講師
看護部教育委員会
研修名
看護研究発表(6演題発表)
内容
  • 外来での継続した緩和ケアに向けて
  • 転倒転落の対策と実態と意識調査
  • 人工肛門造設患者の需要と看護ケアの供給の有意差
  • ピコスルファートNa水和物・酸化Mg無水クエン酸配合剤の需要性と腸管洗浄効果
  • プライマリーナーシングの現状と課題
  • 術後訪問の実態調査 看護技術
講師
看護職員
研修名
看護補助者研修
内容
  • KYT(危険予知トレーニング)
講師
医療安全管理者

11月

研修名
ラダー研修B 2回目
内容
  • 化学療法看護:
  • 化学療法 緩和ケア:鎮静
講師
看護部教育委員会

12月

研修名
ラダー研修B 3回目
内容
  • 化学療法看護:化学療法
  • 緩和ケア:鎮静
講師
看護部教育委員会
研修名
救急看護(全職員対象)
内容
  • 挿管の介助
講師
手術室主任看護師
研修名
新採用研修
内容
  • 弾性ストッキング
  • 褥瘡(DESIGN-R・褥瘡予防・ケア)
  • スキンテア
  • ストーマ(パウチ体験)
講師
皮膚・排泄ケア認定看護師
研修名
感染防止対策(全職員対象)
内容
  • ノロウイルスについて
講師
感染管理認定看護師

1月

研修名
ラダー研修A 3回目
内容
  • 内視鏡看護:ERCP
  • 周術期看護:ドレーン管理
講師
看護部教育委員会
研修名
看護補助者研修
内容
  • 手洗い
  • 嘔吐物の処理方法
講師
感染管理認定看護師

2月

研修名
看護補助者研修
内容
  • 手洗い
  • 嘔吐物の処理方法
講師
感染管理認定看護師

3月

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、予定していた研修を中止しました。

教育体制プリセプターシップ

プリセプティ 消化器内科病棟

2017年4月入職  Aさん

消化器内科看護を学びたいと思い、小樽掖済会病院に入職しました。この病院では、プリセプター制度を導入しています。プリセプターをはじめ、親身に相談にのってくれる先輩看護師が多くいます。病棟になじむことができるよう、いつもプリセプターが気にかけてくれました。新しい職場環境に不安がありましたが、プリセプターを含めた先輩看護師と関わるうちに、不安は解消されていきました。

新人看護教育は、一年間を通したカリキュラムが組まれており、研修内容はすぐに実践に生かすことができる内容です。研修に参加して、消化器内科看護に必要な知識・技術を十分に習得することができました。
また、緩和ケアや認知症ケアを検討するカンファレンスがあります。活発な意見交換を通して、患者さんへのより良いケアを検討し、チーム全体で看護に取り組むことができ、よい刺激を受けています。
入職して一年になります。よい刺激をうけながら、消化器内科看護のスペシャリストと言えるような看護師を目指し、これからも頑張っていこうと思います。

 

プリセプティ 消化器外科病棟

2017年4月入職  Yさん

消化器外科病棟で看護師として働きはじめ、1年が経ちました。
まだまだ勉強していくことが多く、自分の未熟さから悔しい思いをすることもあります。しかし、はじめは精一杯だった仕事も、最近は楽しいと思うことが多くなってきました。

病棟に配属されたばかりの時は、同期入職がいなかったため緊張の毎日でした。他の病棟の新人看護師が出来ていることができなかったらどうしようという不安も強かったと思います。先輩看護師へ報告や相談をする時は、特に緊張しました。患者さんに必要な支援を行う場合に失敗したりすると、アセスメントが不十分なのではないか、自分は成長できてないのかなと悩むことがあります。そんな時、プリセプターがアドバイスをくれたり、報告の前に確認してくれることで、徐々にできるようになりました。

また、私のちょっとした変化や成長をよく見てくれており、丁寧に指導を進めてくれました。自分のことをわかっているプリセプターナースに一からじっくり教わり、自分の成長を実感できた一年でした。少しずつですが、達成感や成長を自覚することができ、看護って楽しいなと感じています。今年は新たに後輩を迎え入れ、先輩としてもさらに頑張っていきたいと思っています。