教育体制

Home > 教育体制 > プリセプターシップ

教育体制プリセプターシップ

プリセプティ 病棟勤務

2018年4月入職  Hさん

 入職して一年間は、日々新たに学ぶことも多く仕事を覚えるので必死でした。失敗することが怖く、緊張の毎日でした。しかし、プリセプターをはじめ病棟の先輩方が、私のペースに合わせて丁寧に優しくアドバイスしてくれたり、相談にのってくれました。病棟は忙しいですが、やりがいを感じながら過ごすことができています。

 現在は、看護師3年目になりました。今は私がプリセプターの立場となり、新人教育を担当しています。プリセプティの相談相手となり、成長に繋がるような関りや指導ができるよう日々奮闘しています。私も一緒に学び、看護師として成長できるように今後も努力していこうと思います。

 

プリセプター 病棟勤務

2012年4月入職  Kさん

 新人看護師は、「看護師として働くことへの期待」「慣れない職場環境での不安と緊張」など様々な思いを抱えています。プリセプターとして、業務上の指導だけではなく、プリセプティの精神的な支えにもなり、一緒に成長できるよう心掛けました。また、当院では新人教育年間スケジュールがあり、プリセプターとプリセプティは、スケジュールに沿った同じ目標を共有することが出来ました。採血や膀胱留置カテーテルなどの看護技術研修もあるので、看護技術の習得もスムーズでした。

 プリセプターだけではなく、病棟全体で新人教育を行っているため、私も安心してプリセプターの役割を担うことができました。