教育体制

Home > 教育体制 > プリセプターシップ

教育体制プリセプターシップ

プリセプティ 消化器内科/整形外科病棟

平成29年4月入職高田 愛弓

消化器内科看護を学びたいと思い、小樽掖済会病院に入職しました。この病院では、プリセプター制度を導入しています。プリセプターをはじめ、親身に相談にのってくれる先輩看護師が多くいます。病棟になじむことができるよう、いつもプリセプターが気にかけてくれました。新しい職場環境に不安がありましたが、プリセプターを含めた先輩看護師と関わるうちに、不安は解消されていきました。

新人看護教育は、一年間を通したカリキュラムが組まれており、研修内容はすぐに実践に生かすことができる内容です。研修に参加して、消化器内科看護に必要な知識・技術を十分に習得することができました。
また、緩和ケアや認知症ケアを検討するカンファレンスがあります。活発な意見交換を通して、患者さんへのより良いケアを検討し、チーム全体で看護に取り組むことができ、よい刺激を受けています。
入職して一年になります。よい刺激をうけながら、消化器内科看護のスペシャリストと言えるような看護師を目指し、これからも頑張っていこうと思います。

プリセプター 消化器外科病棟

冨田 優美子

消化器外科病棟で看護師として働きはじめ、1年が経ちました。
まだまだ勉強していくことが多く、自分の未熟さから悔しい思いをすることもあります。しかし、はじめは精一杯だった仕事も、最近は楽しいと思うことが多くなってきました。

病棟に配属されたばかりの時は、同期入職がいなかったため緊張の毎日でした。他の病棟の新人看護師が出来ていることができなかったらどうしようという不安も強かったと思います。先輩看護師へ報告や相談をする時は、特に緊張しました。患者さんに必要な支援を行う場合に失敗したりすると、アセスメントが不十分なのではないか、自分は成長できてないのかなと悩むことがあります。そんな時、プリセプターがアドバイスをくれたり、報告の前に確認してくれることで、徐々にできるようになりました。

また、私のちょっとした変化や成長をよく見てくれており、丁寧に指導を進めてくれました。自分のことをわかっているプリセプターナースに一からじっくり教わり、自分の成長を実感できた一年でした。少しずつですが、達成感や成長を自覚することができ、看護って楽しいなと感じています。今年は新たに後輩を迎え入れ、先輩としてもさらに頑張っていきたいと思っています。