先輩の声

先輩の声

先輩の声当院で働いてみて

消化器内科 / 整形外科病棟

澁谷 成偉

入職時から、この病棟に配属され、現在5年目になります。

消化器内科では、消化器がんなどの急性期治療から緩和ケアまでの様々な状況の患者様がおります。患者様が抱える問題は多岐にわたり悩むことも多いですが、他職種カンファレンスも多く行われるようになり、それぞれの専門職に相談しやすい環境になっています。

整形外科病棟では、整形外科手術・リハビリを経て在宅へ戻られる患者様が多くいらっしゃいます。退院時に、「骨折したときはもう歩けないと思ったけど、皆さんのお陰で元通り歩いて帰ることができました。ありがとうございます。」と、感謝の言葉を頂くことをあり、そんな時に仕事のやりがいを感じています。

今後、看護師としてどうなりたいのか、どんな専門性を目指したいのか、自己のキャリアアンカーについて考えています。

先輩の声

先輩の声2年目を迎えて

消化器外科病棟

冨田 優美子

消化器外科病棟で看護師として働きはじめ、1年が経ちました。

まだまだ勉強していくことが多く、自分の未熟さから悔しい思いをすることもあります。しかし、はじめは精一杯だった仕事も、最近は楽しいと思うことが多くなってきました。

病棟に配属されたばかりの時は、同期入職がいなかったため緊張の毎日でした。他の病棟の新人看護師が出来ていることができなかったらどうしようという不安も強かったと思います。先輩看護師へ報告や相談をする時は、特に緊張しました。患者さんに必要な支援を行う場合に失敗したりすると、アセスメントが不十分なのではないか、自分は成長できてないのかなと悩むことがあります。そんな時、プリセプターナースがアドバイスをくれたり、報告の前に確認してくれることで、徐々にできるようになったと感じています。

また、私の微々たる変化や成長をよく見てくれており、丁寧に指導を進めてくれました。自分のことをわかっているプリセプターナースに一からじっくり教わり、自分の成長を実感できた一年でした。少しずつですが、達成感を得たり成長を自覚することができ、看護って楽しいなと感じています。今年は新たに後輩を迎え入れ、先輩としてもさらに頑張っていきたいと思っています。

ナースの声Q&A

看護師を目指した理由は?

はじめは母親が看護師という漠然とした理由でした。看護学校に入学して学ぶうちに魅力を感じて、そのまま看護の道を目指しました。

小樽掖済会病院を選んだ理由は?

小樽という地域にあること、超過勤務短縮に対する対策があること、消化器疾患に興味があったことです。一番の決めては、見学にきた際、施設も職員も雰囲気が明るかったことです。

小樽掖済会病院の良いところは?

明るい雰囲気と、院内がきれいなところだと思います。病棟も働きやすいです。

先輩の声3年目を迎えて

消化器外科病棟

松下 優衣

ナースの声Q&A

看護師を目指した理由は?

祖父が入院している時に関わった看護師さんがとても優しく、素敵だと思ったのがきっかけです。何より人と関わることが好きだったことと、人の為になりたいと思ったのが大きな理由です。

小樽掖済会病院を選んだ理由は?

他院の実習で消化器外科を経験した際に、もっと消化器を学びたいと思ったことと、緩和ケアなどにも興味があったためです。また認定看護師が在籍しており、多くの事を学びたいと思ったため、この病院を選びました。

小樽掖済会病院の良いところは?

先輩方の知識が豊富で優しく教えてくださるところです。

また、入院されている患者様と一緒に、小樽の街並みや天狗山、海などの景色を眺めながら、ゆったりとお話できるのもいいところと感じます。

先輩の声先輩ナースの声

6階病棟

坪田 百子

ナースの声Q&A

看護師を目指した理由は?

私は幼い事に、入院した事があります。初めての入院で不安が強く泣いてしまったり眠れなくなったりした事があったのですが、その時の看護師さんが優しく声をかけてくれたり、私が落ち着くまで側に寄り添ってくれました。

このときの看護師さんがとても頼もしく信頼できる存在であり、私も看護師になってこのような存在になりたいと思った事がきっかけです。

小樽掖済会病院を選んだ理由は?

2年生の時に、小樽掖済会病院で老年看護学IIの実習をさせていただきました。
その際に指導者さんをはじめ病棟の看護師のみなさんが、わかりやすく丁寧に細かく指導をしてくださいました。疾患や症状、それに伴う治療や患者さんとの接し方など多くの学びのある実習になりました。実習が印象的であった事から、説明会にも参加させて頂きました。

教育内容や病院内の様子について詳しく説明を受け、実際に働いている先輩方の話も聞かせていただいたところ、働きやすい環境で、教育にも力を入れていると感じました。
このような環境で自分も看護師として成長したいと思って、志望しました。

小樽掖済会病院の良いところは?

プリセプターをはじめ病棟のスタッフの方が優しく丁寧に指導してくれることです。

根拠をもって指導してくださり、患者様が安全安楽に過ごすためにはどうすればいいかを知る事ができます。また消化器疾患の治療や内視鏡検査も多く、色々な検査前後の観察点や準備の仕方、帰室後の状態変化ついてなどを学んでいます。

ママさんナースアットホームな雰囲気が魅力

消化器内科病棟

金黒 寿実

私はこの病院に入職して4年目になります。昨年は産休・育休をとり、今年の3月から復帰しました。
初めての子育てだったので、仕事と育児の両立ができるのかとても不安でした。
同じ部署へ復帰できたことや、他にも働くパパやママが多いこともあり、協力的な環境の中で少しずつ業務にも慣れ、生活にもリズムがついてきました。

この病院は、他の部署や他職種との関わりが多く、院内全体にアットホームな雰囲気があることが魅力です。子育て支援として、保育料補助制度があるため経済的にも安心して復帰することができました。

また、夫の休みは不規則ですが、勤務も配慮していただいており、休日には家族で過ごす時間を大切に出来ています。家庭を大切にしながら、看護師としてもキャリアアップをしたいと考えております。

ママさんナース楽しく子育てしながら働ける

消化器内科病棟

黒川 みゆき

私は結婚して小樽に転居し、当院で働き始めて8か月くらいで妊娠がわかりました。
当時はまだ働き始めて間もなかったため、上司や同僚に迷惑をかけてしまうことをとても心配しました。
しかし、先輩のママさんナースも多く、周囲からは「具合が悪くないか」といつもやさしく声をかけてもらいました。仕事内容も調整していただき、おかげ様で何事もなく順調に産休に入り出産を迎えることができました。

育休が明けてからの子育てと仕事の両立は大変ですが、子供の発熱でお迎えに行かなければならない時や急な休みをいただく時も、周囲からの理解と協力を感じ、安心して働くことができています。

これから出産・育児をする後輩看護師にも、楽しく子育てをしながら看護師の仕事を両立できることを伝えていきたいと思います。