新型コロナウイルスの対応について

Home > 新型コロナウイルスの対応について

新型コロナウイルス感染症の相談・受診について

2023.12.29 UP

当院に「かかりつけ」の患者さんで発熱等の症状があり、受診を希望される場合、事前にお電話してください。

小樽掖済会病院
代表電話: 0134-24-0325

(当院の発熱外来受付対象者)

発熱や咽頭痛など現在症状がある方で①②に該当する方
①65歳以上で当院に定期的に通院している患者さん
②基礎疾患のある方で当院加療中の患者さん

<主な基礎疾患>
  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

一般病棟の面会について

2023.12.28 UP

令和5年12月28日から入院患者さんへの面会制限を一部緩和し実施しております。
尚、感染対策の観点から面会は原則予約制とし事前の予約が必要となります。

面会予約方法と注意点について

  • 予約方法:1週間前より電話によるご予約をお願いします。
    (代表:0134-24-0325)
  • 申込時間:13:30 ~ 16:30
  • 面会者:中学生以上の方で1日1組まで
  • 対象患者:1週間以上の入院が見込まれる方。

 

新型コロナウイルスワクチン接種について(令和6年1月~3月 公費負担による無料接種)

2023.01.17 UP

小樽市のオミクロン株対応ワクチン接種(3~7回目)を希望される場合は事前予約が必要です。
当院で接種予約を希望される方は以下へお問合せください。

小樽掖済会病院 健康管理センター
電話: 0134-21-0021(受付時間は平日13時30分~16時)

注)18歳未満の方は受付出来ません。

新型コロナウイルスのPCR検査について(保険外)

2023.01.16 UP

■PCR検査(核酸検出検査)
NEAR法 9,300 円 検査結果は、即日(30分前後)
PCR法 16,500 円 検査結果は、翌日以降
■その他当院で 実施可能な検査方法
抗原定量検査 7,800 円 検査結果は即日(1時間前後)

◆何れの検査も証明書の発行が必要な方は別途 2,200 円かかります◆

検査方法により検体の採取方法や結果判定までに要する時間が異なります。 検査申込みは完全予約制となっておりますので、お申込みやお問合せなど、 詳しくは当院健康管理センター(0134-21-0021)までお願いいたします。

院内トリアージについて

2022.10.23 UP

当院は、令和2年10月22日北海道知事より「発熱者等診療・検査医療機関」に指定され新型コロナウイルス感染症の可能性も想定し様々な感染対策を行っております。

当院における新型コロナウイルス感染集団発生(クラスター)の収束のお知らせ

2022.10.04 UP

令和4年9月21日に第1報としてお知らせいたしました新型コロナウイルス感染症の集団発生(クラスター)は、小樽市保健所との協議により、10月3日(月)をもちまして収束したことをご報告いたします。

クラスター発生中は、患者さん・ご家族、地域住民の皆さん、地域の医療機関の皆さんに多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

今後も職員一同、日々の健康管理と感染予防対策の徹底を図り、地域の皆様に安心してご利用いただけるよう取り組んでまいりますので、何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

小樽掖済会病院 病院長

当院における新型コロナウイルス感染症患者の発生について (第1報)

2022.09.21 UP

令和4年9月15日(木)から20日(火)にかけて当院入院中の患者さんと同病棟に勤務する職員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認され、同じ病棟内で短期間に感染者を複数名確認したことから院内感染と判断いたしました。

あらためて感染対策を徹底するとともに順次他の入院患者さんや関係職員への抗原定量検査を実施しており、また、当面の間は当該病棟への入院患者さんの受入れも中止することとし更なる感染拡大の防止を図ることといたします。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

小樽掖済会病院 病院長

入院中の患者さんの新型コロナウイルス感染症について (第一報)

2022.08.24 UP

8月23日、当院入院中の患者さん1名が、市内感染症指定医療機関で発生した患者さんの濃厚接触者であることが判明し、保健所の指導のもと検査を実施、その結果抗原定量検査で陽性と確認されました。ただちに同室患者さんの検査も実施したところ更に1名の患者さんの陽性が確認されました。

この2名の入院患者さんについては同日中に感染症指定医療機関へ転院しておりますが、この結果を受け感染が判明した患者さんと同じ病棟に入院している患者さん及び当該病棟で診療に当たる職員計約70名の抗原定量検査を実施し、8月23日中に全員が陰性であることを確認しております。
また、院内の消毒についても同日に完了しております。

現時点では、今回の事例に関連する院内での感染拡大は確認されておらず、所轄保健所に経緯を報告し、指導を仰ぎながら、さらに十分な検査を行っています。今後とも感染拡大防止と日常診療の継続に努めてまいります。

患者さんやご家族の皆様、連携医療機関の皆様、また関係者の皆様には、ご心配をおかけいたしますが、感染防止に向けて、職員一同、全力で取り組んでまいりますので、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

8/24(月)以降の診療体制について

感染拡大防止のため当面の間、外来は電話再診と新患は急患のみの受付。また、入退院についても一部制限させていただきます。

2020年8月24日(月)
小樽掖済会病院 病院長

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について

2022.08.02 UP

令和4年7月30日(土)の検査において、当院に勤務する職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
尚、当該職員との接触が疑われる関係職員のPCR検査を実施し全員の陰性を確認しておりますので、診療に制限は設けず通常診療を行っております。

引き続き感染防止対策を徹底して参りますので、ご理解賜りますようお願いいたします。

小樽掖済会病院 病院長

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について

2022.07.26 UP

令和4年7月25日(月)の検査において、当院に勤務する職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
尚、当該職員との接触が疑われる患者さんと職員のPCR検査を実施し全員の陰性を確認しておりますので、診療に制限は設けず通常診療を行っております。

引き続き感染防止対策を徹底して参りますので、ご理解賜りますようお願いいたします。

小樽掖済会病院 病院長

次へ >